0

メッセージ 2018/4/30

今回2018/4/30のプレジーザスレインズでは3人のスピーカーが立てられました。
(コアバリュー「名前を名乗らないこと」に則り、団体名及び名前を伏せていますことをご容赦ください。)

>>>H.O社長からコアーバリューより、「犠牲を払って与えること」をメッセージいただきました。
出エジプト記の中で幕屋建設の時に民たちは、物が余るほどに喜んで神に捧げました。
神が言われた通りに幕屋を建て上げ、奉献した時に、栄光の雲が現れ、神が栄光を現してくださいました。
非常に喜んで捧げたということが記されています。

ダビデも神殿建設の志が与えられ、民も捧げたが、ダビデは非常な喜びにあふれ、自分の金銀財宝からも捧げました。そして武将、祭司たちにも「喜んで捧げる者はいないか」と訴えました。武将、祭司たちも喜んで捧げたことが記されています。後にソロモンの時代、それらを全て用いて素晴らしい神殿が建てられ奉献した時に祭司たちが仕えることができないほどに神の栄光の雲が現れました。物質的にもって、まずは捧げるということ。

>>>K.O師から「ジーザスレインズを宣言すること」についてメッセージをいただきました。
今、原点に帰りたいと思います、イエス様が頭であり、イエス様に仕えるというところに。そして、私たちにとってイエス様の再臨は愛する花婿が来られる喜び、しかし、クリスチャンでない人にとっては裁き主が来られるということ、だから、ヨハネによる福音書3:16を私たちが心に留めてジーザスレインズを行っていくことが大事だと思います。

士師記の中でギデオンの精鋭たちが選ばれた時、神は「自分の力がこれを為したと言わない為に」とおしゃっられ、300人まで減らされました。また神は”水の飲み方”で、減らしました。聖霊様が一緒にいてくださることが鍵です。
 イエス様の愛が私たちを貫き、イエス様を愛するゆえにイエスの御名を高く掲げ、祈るときに不可能は可能へと変わるんです。
 イエス様はすでに勝利してくださったので、いただいている勝利を一緒に宣言しましょう!

>>>K.S師からのメッセージ

2015年に日本にジーザスレインズを持って帰ってきたとき、くわしく語らなかったが、多くのクリスチャンは「それを待っていた!」と喜びました。
なんといってもクリスチャンの思いは教団教派を超えて一致することです。

Jesus Reigns! イエス様が日本の王です、この地の王ですというのは私たちの心の叫びであり、望みです。
このことは誰からも教えられていなく、聖霊の霊感によって皆、受け取っているのです。それが、啓示であり、預言です。

エペソ 5:31~32
「それゆえ、人は父と母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりは一体となる。」
この奥義は偉大です。私は、キリストと教会とをさして言っているのです。

ひとり子キリストの花嫁として、神は人を造られたと言ってもいいでしょう。
男と女とに造られたのは夫と妻、つまり、花婿なるキリストと花嫁なる贖われた人間からなる教会が、ともに統治するため。

花嫁がたくさんいては誰と結婚していいか分からないので、一人の花嫁となるために教会は一致しなければならないのです。

どうやって一致したらいいか?
イエスによって一致して、礼拝をするのです。

終わりの時の条件
マタイ24:14
この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから、終わりの日が来ます。

エペソ 5:25~27
夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。
キリストがそうされたのは、みことばにより、水の洗いをもって、教会をきよめて聖なるものとするためであり、
ご自身で、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のないものとなった栄光の教会を、ご自分の前に立たせるためです。

*福音が全世界に宣べ伝えられる
*教会が栄光の教会となるまで(なぜなら、ご自分の前に立たせるため)

栄光の教会でないとイエス様の前に立てない。イエス様が迎えに来れないのです。

栄光の教会とはなんでしょう?
しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のないもの

ではどのようにして、しみや、しわや、そのようなものの何一つない、聖く傷のない教会になれるのでしょう?
それは私たちが愛し合った時なのです。

エペソ 5:33
それはそうとして、あなたがたも、おのおの自分の妻を自分と同様に愛しなさい。妻もまた自分の夫を敬いなさい。

愛し合うとはどういうことでしょうか?
愛し合うことは許し合うこと
相手を自分より偉いと思いへりくだって仕えること

自分を愛するということはどういうことでしょうか?
イエス様が私の罪をすべて負ってくださり、傷が癒されたという救いによって傷も、しわもないものへと変えられたことを受け入れ、信じること。

花嫁を整えるために、栄光の教会とするイエス様は来てくださる。
ですから私たちはお互いへりくだり、イエス様を礼拝しましょう。

黙示録に「マラナタ、イエス様きてください」と言いなさいと命令されています。
それがJesus Reigns!なんです。
花嫁が一つとなってJesus Reigns!と宣言すると、この地が整えられていきます。

そして栄光の教会とは悪魔に支配されない教会です。
Jesus Reigns!と宣言は究極の悪霊追い出しです。
Jesus Reigns!はジョークではないのです。
Jesus Reigns!と宣言するとき、神の統治がある時に不法ものはとどまることができない!と言っているんです。

Jesus Reigns!は究極の癒しのことば。
天の御国がこの地に存在する時に、病はそこにいてはならない!

Jesus Reigns、イエス様を第一として生きること、それは私達クリスチャンのライフスタイルとならなければならないお思います。

ジーザスレインズx7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

NEWS